トップページ > 攻略テクニック
プロフィールの書き方について
プロフのポイント
よくないプロフの例文

「はじめましてポンタです。世田谷区に在住の26歳のしがないサラリーマンです。私の趣味はドライブと音楽です。よかったらメール下さい。まってます(^o^)/」

理想的なプロフの例文

「はじめまして五郎です。大阪の中央区に住む26歳です。仕事はガソリンスタンドの店員をやっています。趣味は友達に勧められて始めたウェイクボードです。まだ始めたばかりだけど、いずれはライセンスを取得しようと思っています。海が好きな女の子、よかったら一緒にウェイクしませんか?ウェイクのスピード感は一度味わうと忘れられないですよ!スノボの経験があればすぐにできますよ。明るくてアウトドア系の女の子がタイプです。」

「こんにちわ卓也といいます。横浜に住む21歳の水泳インストラクターです。趣味は…食べ歩きです!とにかく美味しいものが大好きで、男のくせに甘いものにも目がありません!おいしい店があれば、たとえ遠くても食べに行ってしまいます。最近では、築地の「すしざんまい」の美味しいお寿司をわざわざ食べに行きました!もうすぐ、夏だから、美味しい冷麺の店に一緒に行けるような、女の子がいたらいいな。横浜の美味しいケーキ屋は大抵押さえているので、いつでも紹介しますよ!」


メールの書き方について
失礼のないように

最初は相手に失礼の無いように、かつ丁寧な文章を送りましょう。最初からタメ語などを入れるとかなり失礼です。メールといえども立派なお付き合いです。実際に初対面の人と出会うときのように接することがマナーであり、相手からの印象もかなり違ってくると思います。

あまり疑うのも禁物

また最初からサクラだと疑ってメールをしないことです。普通の女性だった場合、かなり失礼になってしまいます。サクラを絶対に避けたい場合は、まずサイト選びを慎重にしましょう。

すぐにアドレスを聞かない

本人の携帯アドレスをいきなり聞くのはやめましょう。いきなり聞かれると女性は不安というか危険だと思ってしまいます。相手から言わせるのがベストですが、ある程度仲良くなれば教えてくれるでしょう。しかしアドレスを聞いて仲良くなったからと言って油断はいけません。ライバルがいる事を忘れてはいけません。

返事をもらうコツ

大事なのは相手が返しやすい文面を送ってあげる事です。質問形式で送ると大体返信があります。これを繰り返すことにより普通に仲良くメールが出来ると思います。またあまり長文でない方が良いでしょう。短文も良くないが、長すぎず短すぎずがベストです。自分から送らないで相手からくるようになれば後は楽になります。電話番号を聞き、あとは会うだけということになります。


ネカマの見分け方

ネカマとはネットオカマの略です。出会い系や掲示板、チャットなどで女性を装ってメール交換をする、どこか変質的な男性のことです。見分け方としては、いきなりノリノリでエロメールをしてくるなど、いくらアダルトサイトでも女性としてあまりに不自然な相手はネカマとみて間違いないでしょう。また、自分は綺麗めの芸能人に似てる、ナイスバディなどと言ってくる相手もネカマ率が高いといっていいでしょう。本当にそんな綺麗な女性は、わざわざリスクを犯してまで、ここで相手を求めないものです。ネカマは男性がなんとか食いつきそうな文章を使ってくるのですが、やはり冷静に考えると女性とは違うものです。その趣味がないなら気をつけてください。男相手に時間とお金を無駄に使ったと考えると腹立たしいです